PLC Program

CODESYSをRaspberrypi4(ラズベリーパイ4)で動かす方法

CODESYSをRaspberry PIで動かしてみましょう。

Raspberry PI用のパッケージもWEBから無料でダウンロードして試すことができます。

最新のRaspberry PI4にも対応しています。

 

 

Raspberry PIパッケージをインストール

CODESYS本体のダウンロードがまだの方はこちらの記事を参考にしてください

https://manabithai.org/codesys-install/

CODESYSのインストールが完了したら、Raspberry PIを動作させるための設定を行います。

まずはこちらのページからRaspberrypiのモジュールをダウンロードします。

検索窓に "Rasberry" と入力するとRaspberry PI用のパッケージをダウンロードできます。

現在下記の2種類のパッケージがあります。

  • CODESYS Control for Raspberry Pi MC SL
  • CODESYS Control for Raspberry Pi SL

Raspberry PI4に使う場合はマルチコア(MC)対応の

CODESYS Control for Raspberry Pi MC SL

をダウンロードして下さい。

次にパッケージをCODESYSにインストールします。

メニューから ツール → パッケージマネージャー をクリック

パッケージマネージャーのダイアログからインストールをクリックして、

ダウンロードしたパッケージファイルを選択してインストールすることができます

 

Raspberry PI のテスト回路を作成

CODESYSのテスト用に簡単な回路を作成します。

下記のように入力と出力を割り付けます。

  • GPIO17  出力 LEDを接続
  • GPIO22  入力 スイッチを接続

Raspberry PI の回路作成の詳細については 別の記事を参考にしてください。

 

新規プロジェクトを作成する

Raspberry PI動作確認用のプロジェクトを作成します。

ファイル から 新規プロジェクト を クリック

新規プロジェクトダイアログで下記を設定

  • 標準のプロジェクトを選択
  • プロジェクト名と保存場所を入力

 

標準のプロジェクトダイアログでは次にように設定します。

  • デバイス CODESYS Control for Raspberry Pi MC SL
  • PLC_PRGの言語 ラダーロジックダイアグラム

 

ラダープログラムの作成

スイッチがONになると、LEDが点灯する回路を作成します。

動作確認が目的なので、できるだけ簡単な回路で確認しましょう。

 

デバイスの設定

プログラムを作成するパソコンとRaspberry PIを、同一セグメントのLANに接続します。

有線でもWIFIでもどちらでも構いません。

私の環境では

  • パソコン 192.168.0.100
  • Raspberry PI  192.168.0.18

として作業を行いました。

デバイスのツリービューで デバイス をダブルクリックします

上のタブからネットワークスキャンタブを選択してネットワークの検索を実行します

検索で見つかったRaspberry PI をデバイスに設定します。

GPIOの設定

ラダープログラムの変数 Switch とLED を

GPIOのピンと関連付けを行います。

デバイスツリーのGPIOs_A_Bをダブルクリック

GPIOsパラメータを次のように設定します。

  • GPIO17 を OUTPUT
  • GPIO22 を INPUT

GPIOマッピングの設定を行います。

プログラムの変数とGPIOのピンを関連付けます。

  • 変数 LED output MAP  GPIO17
  • 変数 Switch Input MAP GPIO22

 

プロジェクトの転送と実行

メニューのビルドを実行

エラーがなければプログラムの転送・実行が可能です。

オンライン → ログイン をクリック

転送するかどうか聞いてくるので実行

メニューの 実行(F5)をクリックするとRaspberry PI上でラダープログラムが実行されます。

スイッチのON OFF で LEDが点滅します。

 

今話題のPythonを学びましょう!

PyQくちこみ
PyQ(Python学習)のメリット・デメリット!評判・感想を調査

続きを見る

ちょっとお得な耳ヨリ情報



おもしろ電子工作が紹介されています。
興味のある方は是非手にとってみてください。

-PLC Program

© 2021 Door Blog (ドアブログ) Powered by AFFINGER5