転職・副業

【必見】技術者の私がおすすめする転職サイトを紹介します

 

転職活動ってどうやって進めればいいの?

転職サイトってどこがいいんだろう?

このような疑問を持っている人は多いと思います。

 

この記事はエンジニアである私が
実際に転職活動の中で経験したことを元にしています。

 

私自身が転職活動を行った時は、情報もあまりなくて
具体的にどうやって進めればいいのか
まったくわかりませんでした。

 

記事を読み進めていただき、
この記事があなたの転職活動に役立つことを願っています。

 

技術者(エンジニア)の転職活動の進め方

通常の場合、転職活動は次のように進めていきます

  • 転職エージェントへの登録と面談
  • 職務経歴書の作成
  • 応募~面接
  • 内定獲得!!

転職活動を始めたばかりの頃は、まだ情報もない状態ですので

具体的に希望職種や業界などのイメージが決まっていない場合もあると思います。

 

実際、私も最初はそうでした。

 

私が転職エージェントに登録したのは

まずは自分の市場価値を知りたい

という理由でした。

 

実際に転職するかどうかに関わらず

転職エージェントには無料で登録できますので

まずは1つどこかのエージェントに登録しましょう

 

転職サイトに登録・面談

 

まずは転職サイトに登録するところから、転職活動が始まります。

登録は無料ですので、複数のエージェントに登録することをおすすめします。

 

私が利用した転職サイトを今すぐ知りたい方は

私が利用した転職サイト一覧を参考にしてください。

 

WEBからの登録が完了すると

メールや電話を使って、面談の日時についての

問い合わせがエージェントからきます。

 

遠方の場合は、電話による面談も可能ですが、
直接会って面談することをおすすめします。

 

電話だけだと、ニュアンスが伝わりにくいですし、
初めての相手と本音で話す雰囲気にはなかなかならないですよね。

 

面談では、自分の希望を詳細に伝えることが重要です
その希望をもとにして、エージェントが希望の会社を探してくれます。

 

まずは自分の市場価値を知った上で

転職するのか、今の会社に留まるのかの判断をしていきたい

 

なので、

まずは私の経歴に興味をもっていただける企業があるのかないのか?

その場合の想定年収などを教えてほしい

 

職務経歴書の作成

次に職務経歴書を作成します

記入の方法については、エージェントが詳しく説明してくれます。

 

正直

職務経歴書の作成はとてもきつい

です。

 

でも、

自分が行ってきた仕事の棚卸しができますし

1通作成すれば、複数の会社に共通で使えますので

がんばって作成しましょう。

応募~面接

エージェントが紹介してくれた仕事の中に
自分が興味のある会社や仕事が見つかれば
応募、面接へと進んでいきます。

 

職種や会社の規模にもよりますが、
面接は通常2~3回行われます。

 

中小規模の会社やベンチャー企業であれば
最終面接は社長との面接になることも多いです。

 

会社の社長と話ができる機会はあまりない方も多いと思います。

 

自分が面接されているのではなく
将来入社すべき会社を、自分が面接している
くらいの気持ちで面接に臨めれば 良い結果が得られるでしょう

 

転職サイトを活用するメリット・デメリット

転職活動をする場合、各企業のWEBサイトから直接応募できる場合も多いです。

もちろん、直接応募も可能なのですが
実はあまりオススメできません。

 

企業側から見ると、エージェント経由で入社した場合
エージェントに成功報酬を支払う必要があるので
経費だけを考えると、直接応募から採用したほうがメリットがあります。

 

ただし、エージェントによって
フィルターを
通過した人だけを面接できるというメリットも大きいため、
直接応募よりも、エージェント経由の採用を重視している会社が多いです。

 

メリット

  • 一般にはオープンにしていない求人も紹介してくれる
  • 大量の情報を一気に集めることができる
  • 企業側も直接応募より、エージェント経由で応募したほうが安心

デメリット

 

大きなデメリットは特にありません

 

 強いて言えば個人情報が漏れる可能性があるということくらいでしょうか。

 ただ、万が一個人情報漏えいのような問題が発生すると

 エージェントの存続にかかわる大問題ですから、

 どこのエージェントでもきちんと管理されていると思います

 

技術者(エンジニア)におすすめの転職サイト

私が利用した経験のある転職エージェントから
エンジニアにおすすめのエージェントをいくつか紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチに登録すると、たくさんのヘッドハンターからオファーが届きます。

 

ただ、個人で動いているヘッドハンターは極々少数で、
実際はいずれかの転職エージェントに所属しているヘッドハンターがほとんどです。

 

ですので、ビズリーチに登録するということは、
複数の転職エージェントに一度に登録するようなイメージになります。

 

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートが運営している転職エージェントです。

転職支援実績No.1と謳っているだけあって

大手の大企業の案件が得意です。

JACリクルートメント

業界・会社毎に専門の担当がつきます。

その分、いろんな会社の細かな情報まで教えてもらえます

面接時の注意点や、よく聞かれる質問など
企業毎に具体的なアドバイスをもらってとても助かりました。

 

-転職・副業

© 2021 Door Blog (ドアブログ) Powered by AFFINGER5